初めてYOGAを行う方へ

ヨーガセラピー利用ガイド ヨガってどんなもの?詳しくご案内はこちらから

腰痛とヨーガ

肩コリや腰痛は、体の悩みの中では特に多い症状です

継続的な痛みは、本当に辛いです、これは本人にしかわからないものですね。


私自身も、腰痛持ちであり、ヨガでバランスを取って生活しています。


腰痛の85パーセントは、実は、原因が不明であります。遺伝子的に腰痛になりやすい人もいます。

痛みが、続くとそれ自体がストレスになり、さらに痛みが強くなるという悪循環に陥る人も少なくないです。


緊張の生活が続き、失体感症という、身体の反応がわかりにくくなる前に、普段からストレスの多い生活を見直す事も大切です。

腰痛は心身症であるともいえます。マッサージや骨盤矯正など、一時的に良くなっても、また元の状態にもどってしまうということがありますね。


根本的なところからの治療も大切です



腰に悪いことは

○続けて同じ姿勢でいることや悪い姿勢 (心の状態も姿勢を悪くします)

○運動不足での、筋肉のおとろえや筋力バランスが悪い(筋力の使い方がわからない)

○ストレスフルな生活 (イライラしていると腰の状態に意識がいかない)



特に中腰での作業は注意が必要ですし、急に動かしたり、腰をそり過ぎたりしないように気をつけながら、ヨーガなどの動きで、身体と上手に向き合い、体を無理なく動かしていきます。


腰の痛みは、腰が緊張していることから起こります。

腰周辺の筋肉を緩めることがも大切です。ですが、意識して緩めると言う事は、実際はとても難しいことです。

ヨーガ療法では、緊張と弛緩を意識化しますので、腰の筋肉を緩ませることが少しずつ覚えていきます。


無理に伸ばしたり、マッサージは、かえって腰を緊張させて逆効果な場合もあります。
まずは緩める、緊張をほどくことを意識してみてください。

伸ばすことばかりしていると筋力が衰えますので、アイソメトリックな筋肉を使う動きでしっかり筋肉バランスを養っていきます。

そして、筋力は、はじめからついているのに、腰痛が辛い場合は、腹筋などの筋肉の使い方が、上手く出来ていない場合があります。


無理に筋力をつけようとすると、帰って腰痛を悪くする場合がありますので、まずは、ゆっくり身体と対話しながら、筋肉の使い方も覚えてください。


そして良く、腰痛に効くポーズなどが紹介されておりますが、あれは一概に、その方の腰痛の種類によっても違いますので、安易に行う事は大変危険です。

何に効くポーズという言葉はとてもおかしな言葉です。人間は、ものではないので、それをしたら治るというのであれば、みなさんとっくに腰痛は治っているはずではありませんか?



まずは、股関節などの柔軟性、骨盤の使い方、筋力の使い方をヨガで学んでみてください。


そして、動きや呼吸法を意識化することにより、ストレスがかかってきても、ストレスに強い自分を作り、ストレスに負けない自分をさらに強化していきます。


瞑想等でも、ストレスがたまりやすい心の癖を修正し、常に過緊張なストレスフルな生活から、日々安らいでいられる状態へ、もどしていく事が望ましいです。



今の、自分の身体や心の状態を良く理解し、そして、これから、どのように腰痛と向き合っていけばよいのか、まずはそこからゆっくり、はじめていければと思います。


ヨガは自身のコントロール法でもありますので、上手にバランスが取れていけますように。